支配者達の思考と陰謀

今まで、下記記事を書いてきました。

・安倍首相について

・今後は不安と矛盾と悪意が満ち溢れる世の中になっていくでしょう 01

・癌や放射能に対し、矛盾にまみれた情報が飛び交う世の中になっていきます

・LGBTを無理やり話題に出すメディアの意図 01

・カナダはこのままでは崩壊に向かうでしょう 02

・ハロウィンの起源、そして実態。

・ローマ法王の素顔

日本政府含め、この世のトップに位置する人達が巷のイメージとは裏腹に何処までも悪事を行ない続けている事の一部をお見せしたのですが、もちろんこの様な話題はすでにインターネットで当たり前の様に暴露されています。当然、彼らだけではありません。
今ではRAPT氏によって、天皇こそが悪魔の頂点であり、この世の最高権力者であった事も分かっています。また、現在のイルミナティと呼ばれる組織にて最高の権力を持っているのが麻生太郎である実態も暴いてくれています。興味ある方は下記記事をご覧下さい。

・天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

・悪魔崇拝者(イルミナティ)による世界支配の構造。その概略について。

・どの角度から見ても「天皇」こそがこの世界の悪の頂点です。

・天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

・「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。

いきなり結論を言いますが、彼らとしては、天皇を神と崇める「神の国」と称して悪魔による人民支配を実施したいが為に、日本のみならず世界中をも混乱と争いで満たしてきました。要は、天皇を頂点として、我々が天皇に仕える奴隷として働く世界を築きたい、日本を世界の中心としたワンワールド、別名新世界秩序(ニューワールドオーダー)を作り上げたいと今でも思っています。

さて、この思想や陰謀の根源とは一体何なのでしょうか?

それは、25カ条の「世界革命行動計画」という、ロスチャイルド家による秘密会議で作られた巧妙な人民支配の計画です。RAPT氏の下記記事にて、25カ条の詳細が書かれております。

・ロスチャイルドによる25カ条の「世界革命行動計画」

特に我々一般人が深く実感出来る内容を、自分なりにピックアップして説明していきますが、まずは彼らの計画するあまりにも恐ろしい思想を見てみて下さい。


1、人間を支配するには、暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られる。 権力は力の中に存在している。

日本が自衛隊を指揮し、アメリカも軍隊も用いて世界中で暴れてきた過去があります。そして、イスラム国やボコ・ハラム等のテロリストも度々現れては多くの罪の無い市民を殺してきました。そのイスラム国ですが、実はこの組織を作ったのは日本財団だと言われています。
また、日本にはヤクザという組織が存在しており、私も記事で書きましたが、実際に安倍首相との繋がりがあった事が分かっています。

詳しくは下記記事をご覧下さい。

・「イスラム国」人質殺害事件を日本側で工作した裏はヤクザ日本財団?

・イスラム過激派「ボコ・ハラム」が「イスラム国」に忠誠を誓った時点で、「イスラム国」が天皇派の傀儡であることを立証したも同然です。

・「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

人間を支配するツールとして最も手っ取り早く最適な手段が「恐怖」と「不安」という事を彼らは理解しており、我々の行動を萎縮させる為に戦争や暴力をお金の力で創り上げてきたのです。


6、 我々の富の力は、いかなる狡賢さ、力によっても損なわれないような強さを獲得する時まで、 表面化しないよう保たれなければならない。 戦略計画の基本路線から逸れることは「何世紀にも及ぶ営為」を無にする危険性がある。

2014年くらいまで、実際に彼らの悪事や陰謀が表立って我々国民の耳に入る事はありませんでした。

もちろん、2000年に入った頃から「明らかにこの世はおかしい」、「意図的にテロや工作が行なわれている」と唱える人達はいました。特にジャーナリストは生の現場を見てきたりしてきた訳ですから、巷に流れるニュースと現実とが食い違っていると察する人もいたのは事実です。しかし、事実を伝えようと正義を貫き通した方達は不可解な事故や自殺に見せかけて殺され、隠蔽されてきました。もちろん、彼らの実態を暴こうとする者は、例え映画であっても許させる事では無かった様です。

また、彼ら大企業等を脅かす素晴らしい技術が作られようものなら、買収なり脅したりでその技術を封殺し、酷い場合は発明者を殺して無理やり技術を強奪し、あたかも自分達が発明したのだとごまかして来ました。その一部を載せておきます。

– 9.11に関する不可解な死 –

・【陰謀】911の後不可解な死を遂げた5人の人物

・911同時多発テロの不可解なところをNHK解説員が指摘した結果・・・・

– 映画によるフリーメーソン儀式の暴露 –

・スタンリー・キューブリックは暗殺されたか。

– 自動車の発明家・企業の不可解な死と圧力 –

・誰も知らない『水で走る車』 ※石油利権に暗殺されたスタンリーメイヤー氏に捧ぐ

・水で走る車が発明された!この発明家は殺された!しかし2017年にこのクルマが商業化決定!?(下記に記事の一部を抜粋します)


日本では、鹿児島のベンチャ企業が発明した水で走る車がNHKのニュースで放送されましたが、その後不思議なことに消息がなくなり、NHKの映像もYOUチューブから消えました

その後、どうした訳か、同じような装置で、大阪の企業がマスコミをあつめて、公開実験をして世界中に公開した。世界中が注目したが、なぜか、その後、その会社のホームページはすぐに閉鎖された。ネット上では、永久機関の詐欺の汚名を着せられて、日本では、水で走る車は嘘であったと言うキャンペーンがくりかえされた。その結果日本では水で走る車は詐欺であるということが定着した。


※詐欺である事が発覚したのではなく「定着した」という時点で、実際は詐欺では無かった可能性が大です。恐らくトヨタがネット工作員を使ってネガティブキャンペーンを行なったのではと思っています。


8、酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、 諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。 賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。

これこそが国民にとって身近であり、最も影響を受けてきた戦略でしょう。

ビール、お酒、ワイン等のアルコールで人間に束の間の快楽を与え、思考を低下させる。あわよくば中毒にさせて人生を破滅に向かわせる。ドラッグは言わずもがなですが、タバコという嗜好品も彼らによる堕落への罠です。政治家への賄賂は当たり前であり、この世の至る所で詐欺やサラ金等が蔓延してきました。また、アニメやゲームという娯楽で楽しさを与えると共に現実を見られなくさせ、正常な判断を鈍らせてきました。

そしてこれが一番、我々の弱い部分でもありますが、異性による性的な堕落です。麻薬と違って人体への悪影響こそありませんが、だからこそほとんど問題視されず、少しずつ私達を異性への性的関心および中毒へと導いていきました。

男性はとにかく女性の身体というものに弱く、性産業や卑猥な映像、そしてアニメやゲームを通して女性の淫らな映像を見せられてきた事によって、常に女性を性的に見る様になってしまったり、快楽の道具として捉えてしまう様になってしまいました。結果、ハニートラップに掛かってしまう芸能人も後を絶ちません。

・ハニートラップにかかった芸能人・有名人10選まとめ【画像あり】

また最近では、東大生が女性に暴行を働いたとして逮捕されています。東大に入る為に必死で努力をしたのに、異性に執着した心を持ち続けた結果、人生の道を誤ってしまった様なものです。

・肩書きは“東大生ナンパ師” 元ミスター東大候補が性的暴行で起訴 稲井大輝被告(24)の手口とは…

そして、女性に関してはとにかく恋愛は素晴らしいものという言葉、そして「外見の美」というものに騙され続けて来ました。
日本の歌謡曲の歌詞が恋愛だらけなのも、レディース・コミックが恋愛ものばかりなのも、アイドルや女優、宝塚がいかに華やかであるかを見せ付けるのも、全ては女性を騙す為です。

何より、まずは女性を騙せば自然と男性も騙されるという巧妙な心理を上手く付いてきます。

何故アイドルが水着にさせられるのか?それは女性の美をアピールする事を建前に、男性の性的欲求を煽る為です。
AV産業だって、まずはAV女優が存在する事で、それに惹かれて購入する男性が現れます。
何故アイドルは皆可愛いのか?男性の性的欲求を煽る為です。
ミニスカートや露出度の高い服の流行を意図的に作るのは何故か?男性の性的欲求を煽る為です。
様々な化粧品や口紅が存在するのは何故か?外見の美こそが素晴らしいと思わせると共に、男性の性的欲求を煽る為です。
何故「恋愛は素晴らしいもの」と意識付けするのか?恋愛したいと思って男性を誘惑し、性的欲求を煽る為です。

もちろん、子孫を残していく為に、「性」というものは必要な要素です。
しかし、男女の本来の美しさをないがしろにし、支配者層がひたすら異性を性の捌け口の対象へとミスリードしてきたかを実感出来ると思います。国民は見事に洗脳されてきましたね…。バブル期は本当に酷い有様でした。
今でも性の乱れによる望まない妊娠は世界中至る所で起こっており、多くの若者が人生を狂わされている訳です。

聖書でも、アダムとエヴァが共に性的に乱れて神様から追放されてしまいましたが、ヘビ(悪魔)はまず、女性であるエヴァを騙しました。そうです、悪魔はまず女性から騙すのです。何故か?女性の方が感情が豊かであると同時に、情に弱いからです。「愛」というものを男性よりも強く求めているからです。

一連のLGBT問題に対しても、女性はそれ程ゲイの人を気持ち悪いと思う人は少ないかもしれません。私の身内だって「マツコ・デラックスって、面白くて良い人よね」と感じていますし、美輪明宏氏だって女性からの支持は絶大です。男性からは内心気持ち悪がられていても、女性は決してそうは思わないのです。それは恐らく、「面白い人だし、別に悪い人じゃない」という情の意識が強く働く為、ゲイに対しての異常性もそこまで否定的に捉えたくないのではと感じます。

私の意見を聞いてムッとする女性もいるかもしれませんが、単に支配者達(悪魔)は女性の弱さを理解しているからそれに付け込んでくるだけの話です。決して偏見を持っている訳ではありません。
第一、私自身も今まで人生を振り返り、男としての単純さ、愚かさをどれだけ実感したか…。特にアニメやゲームによる精神の堕落には、何も言い訳出来ません。男もどれだけ情けないものなのかは重々承知しています。


10、我々は「自由・平等・博愛」という言葉を大衆に教え込んだ最初の民族である。 今日に至るまで、この言葉は愚かな人々によって繰り返されてきた。 ゴイムは、賢者であると自称する者さえ、難解さゆえにこの言葉を理解できず、 その言葉の意味とその相互関係の対立に気づくことさえない。 これは我々の旗を掲げる軍隊を我々の指示と統制のもとに置く言葉である。 「自由・平等・博愛」のための場など自然界に存在しない。 ゴイムの自然発生的で世襲的な貴族社会の廃墟の上に、我々は金による貴族社会をつくりあげた。 それは我々の拠りどころ、すなわち富を参加資格とする貴族社会である。

「自由・平等・博愛」というワードを使う事で、何となくそういう世界であると信じ込ませてきました。
しかし実際の日本は、日本政府や一部の巨大企業も天皇家を中心とした親戚同士の巨大な組織であり、その全ては金と権力の世界です。競争も発展も自由であると思ってきた実態は完全に貴族達による出来レースで、全てが金によってコントロールされています。結局、自由も平等もあって無い様なものです。
金こそが力であり、金とコネこそが全てです。要は、我々一般人には有名になれるチャンスはほぼ無いという事です。ちなみに、ゴイムとは奴隷という意味です。支配者層は、我々国民を完全に奴隷として見下しています。


16、フリーメーソンへの潜入については、自分たちの目的はその組織および秘密厳守のフリーメーソンから 提供されるものはすべて利用することである。 ブルー・フリーメーソン内部に自らの大東社を組織して破壊活動を実行しながら、 博愛主義の名のもとで、自らの活動の真の意味を隠すことは可能である。 大東社に参入するメンバーはすべて、勧誘活動のために、 そしてゴイムの間に無神論的唯物主義を広めるために利用されなければならない。 全世界を統治する我々の主権者が王座に就く日が来れば、 この同じ手が彼らの行く手を遮る可能性のあるすべてのものを払いのけることだろう。

これは世界史をたどる事になる故に非常に長い話になります。興味のある方は、RAPT氏の下記記事をご覧下さい。

・キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

・フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。


17、代理人は仰々しい言い回し、大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。 大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。 約束された事と反対の事は、のちになれば常におこなえる。 「自由」と「解放」という言葉を使えば、ゴイムを煽って愛国心を駆りたて、 神の掟、自然の掟に逆らってでも戦うという気にさせることができる。 我々が支配権を得たら、神の名そのものが生きとし生ける者の辞書から消し去ることになる。

最も国民を騙す事に成功した有名人物の1人が、ヒトラーですね。
政治家の詭弁も、今では完全なる嘘っぱちだと感じられますね。メディアを使って国民にひたすら綺麗事を述べ、国民が安心しきっている間に確実に国民支配へと政治を進めていきました。アベノミクスなんて、正にその典型的な例ですね。過去に類を見ない程、現在の国民の生活は貧しくなってしまいました。
そして、今はひたすら軍事国家に向けて暗躍中です。「愛国心」という巧妙な言葉を匠に使い、テレビしか見ない国民に戦争を容認させようと躍起になっています。

まあ絶対にそんな事はさせませんけどね。


18、恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

シンプルですが、あまりにも非道です。内戦地域の住民達は常に恐怖と隣合わせです。
意図的に戦争を起こし、容赦無く人の命を奪う事を良しとするその精根は絶対に許されるものではありません。支配者層に地獄の様な裁きがいずれ下る事を祈ります。


19、政治・経済・財政の助言者の仮面をかぶった我々の代理人が、 国家的および国際的出来事の背後に潜む“秘密権力”の正体が暴かれるのではないかと心配することなく、 我々の命令を実行できるよう、すべての戦争のあとには、秘密外交が主張されなければならない。 秘密外交によって、我々の代理人が関わらないかぎり、 諸国家は些細な個人的取り決めさえも結ぶことができないような支配権が確保されなければならない。

日本と北朝鮮が完全なる同盟国であった様に、国同士の敵対や断交、全てが演技だという事です。一時期「嫌韓」というキーワードが流行りましたが、これも全て国同士が結託した事です。我々国民は彼ら右翼・左翼のいう暴言や煽りに絶対に騙されてはいけません。
コチラのPDFの資料を見て下さい。何と、皇居を中心に、オウム真理教青山本部、生長の家本部、日本基督教団本部の建物が同じ距離にあり、更にオウム真理教青山本部から生長の家本部、統一教本部が同じ距離にあるんですよ?これはもう「たまたまそこに建った」とは騙せませんね(元記事はコチラのTwitterです)。どの宗教団体も全ては天皇を中心とした組織だったという事です。

日本政府の黒幕は「生長の家」です。そして韓国政府は「統一教会」です。全く違う宗教だと思っていたら、実は同じ穴のムジナだったという訳です。よって、竹島上陸等の一連のニュースは日本と韓国との共同作戦であり、日本と韓国をひたすら険悪な仲だと思わせて戦争を容認させようという魂胆が有りありと見えます。


21、ゴイムからその不動産、産業を奪うため、経済的な国家利益および投資に関する限り、 重税と不当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。 国際舞台においてゴイムが商売ができないように仕向けることは可能である。 つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および高賃金を求める組織的煽動運動の普及、 競争者の助成によってそれは実現できる。 賃金の増加で労働者が潤うことが決してないよう状況を管理しなければならない。

原材料の価格設定、これについてはいずれ記事に出しますが、全てが適当です。金が必要になったら値段を上げる、ただそれだけです。電気料金なんて、正にその典型例でしょう。電気料金の杜撰な管理を知りたい方は、RAPT氏の下記記事をご覧下さい。

・〈特別企画・電力会社×RAPT対談〉今こそ我々はすべての電力を自給自足すべきである。

そして、我々労働者が決して裕福にならないよう、竹中平蔵という国家的な詐欺師の政策を容認して、どんどん低賃金がまかり通る世の中となりました。記事ではなくトークラジオになりますが、RAPT氏の下記記事が参考になると思います。

・〈TALK RADIO〉竹中平蔵による国家的犯罪。史上空前の売国政策。


23、世界単一政府のメンバーは独裁者によって任命され、 科学者、経済学者、財政専門家、企業家、大金持ちの中から選出される。 実質的には万事、数字(カネ?)で解決がつく。

ノーベル賞を受賞した人物は凄い。
医者のいう事だから正しいんだ。
経済学者が評価しているから良い政策なんだろう。
大金持ちが書いた成功本なんだから、きっと我々にも効果があるのだろう。

全て、ほぼまやかしです。「ほぼ」と付け加えたのは、悪魔は真実の中に嘘を混ぜる事で、その理論があたかも正しいと思わせる術に長けているからです。
難しい言葉でまくしたてれば理解出来ないけど妙に納得してしまう、権威があるから正しく聞こえる、今までの認識がいかに危険で嘘だらけなのが、段々と分かってきたでしょう。癌・放射能、特にこの2つは何十年と騙され続けてきました。権威、権力、この言葉に我々は惑わされてきた事をキチンと考え直さなければいけません。

しかし、私ですらこの世のカラクリに気付けました。全てはRAPT氏のおかげです。この記事を見てくれている皆さんも、大きな一歩を踏み出したと感じてくれたら本当に嬉しいです。

…彼らを評価する訳では無いですが、本来であれば大金を得た時点で、のんびり余生を過ごせば良いだけだと思います。
しかし、ロスチャイルド家を始めとした悪魔崇拝者達は必死に悪魔を拝んだ故にこの様な悪知恵を授かり、本気で世界を乗っ取ろうと突き進んできた訳です。相手が悪魔という卑劣なものであるにしろ、彼らも人生を賭けてじわじわと我々を洗脳してきたのです。

その努力を私達も心に秘めなければなりません。
第一、ここまで良い様に洗脳されてきた以上、怖さや不安もありますが、何より怒りが湧いてくると思います。ここまでコケにされたままで良いのでしょうか?


8、酒類、ドラッグ、退廃的道徳、あらゆる形態の悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、 諸国家の若者の道徳心を低下させなければならない。 賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けられなければならない。


聖書でも、堕落は罪であると書かれています。特に国民はこの堕落から抜け出す努力をしなければいけないですよね。

誘惑に立ち向かうのは困難です。今までの人生でこびり付いてきた悪い習慣を断ち切らなければいけないのですから。もちろん、自分も陰ながら罪を少しでも無くせるよう頑張っておりますが、これを見て頂いた皆さんも、同様に意識を変えるきっかけになれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする