酒とアルコール飲料は百害あって一利無しです

私は昔から酒類が飲めず、完全にアルコールに弱い身体です。

正直、ビールやチューハイを美味しいと感じた事は一度も無かったです。完全に、付き合いで飲んでいただけでした。学生時代に「一気飲み」を経験した事がありましたが、当然のごとくすぐに意識がもうろうとなり、吐いてしまうの繰り返しでした。まあ嫌で嫌で仕方無かったですが、これも経験の1つだと思って飲み会では我慢しながら楽しんでいたなと今でも思っています。

「こういう席(飲み会)でお酒飲まないと楽しくないでしょ?」と良く言われたりもしましたが、全く理解出来ませんでしたね。別にお酒を飲まなくてもテンションは上げられるし、楽しく話せたりはしゃいだりも出来ました。そうです、お酒を飲めなくても楽しさなんて簡単に作る事が自分には出来たのです(当たり前なんですが)。だからこそ、お酒を無理やり進めてくる行為にはウンザリしてきたのも事実です。

社会人になっても忘年会等の行事でお酒を飲む事はありましたが、幸い自分は車に乗ってきたという理由で、大半の飲み会では飲酒を勘弁してもらえました。代わりに「お酌」に徹する事で飲まずに過ごせてきたので、上司や先輩との会話もそれなりに楽しく出来たのは良かったです。もしこれが営業職で、否が応にもお酒を飲まなきゃ失礼だとされる立場だったらすぐに辞めていたと思いますね…。
中には「お酒もタバコもやらないで、何が楽しみで生きてるの?」と、恐らく冗談交じりで問いかけてきた他部署の部長もいましたが、本当にどうしようもない質問だったなと感じます。「いや、それ以外でも楽しい事は山ほどありますから(笑)」と心の中にしまっておきましたが。

今では「一気飲み」は完全に非常識であり、ケースによっては犯罪にもなります。また、お酒を飲めない人が増えたのか、会社での飲み会自体を敬遠する人も増えました。それに対して年配の方は快く思っていなかったり、面白く無いと不満に思う人もいるかもしれません。「飲み会に参加しないのは本人のわがままだ」と感じる人もいるかと思いますが、そういう過去の風潮にウンザリしている人は昔からいたのです。誰だって、毎日の自分の時間は確保したいですし、お酒が苦手な人は、飲まないに越した事は無いのです。
何にせよ、昔と比べれば良い時代になったと個人的には思います。

…本題ですが、この様な話題が尽きない事の元凶は、もちろん酒やワインであるアルコール飲料です。

アルコール飲料(以下:アルコール)というのはいつの時代でもその場で快楽を与える代わりに、多くの問題も引き起こします。健康上の問題もそうですし、中毒性もあり、最悪「死」に至る爆弾も抱えています。

・アルコールの力を借りれば本音を話せる。
・少量の酒は健康に良い。
・アルコールのおかげで良好な人間関係を築ける。

色々と綺麗事を述べてみても分かると思いますが、そこに根拠はありません。
大抵は本音をぶつけて険悪になったり、人の本性が垣間見えて逆に引いてしまったり、最悪喧嘩にまで発展する事もあります。
健康に良いという情報も、現にアルコールを摂取すれば誰もが脳が正常に機能しなくなります。脳が身体にあれこれと司令する立場なのですから、その脳がやられてしまう時点で、身体に良い働きをさせる指示が出来ないのです。よって、脳が正常に機能しなくなる事自体、健康を維持する事が出来ないのです。
そして、良好な人間関係を築く事に対し、アルコールは一切関係ありません。雰囲気が合えば自然と仲良くなります。お互いに仕事を妥協無く行なえば、自然と信頼出来る絆を結べます。

では、アルコールは実際のところどうなのか?まずは良い面悪い面を大まかに調べてみましょう。コチラの記事をご覧下さい(記事の一部を抜粋します)。


酒は毒? 薬? アルコールの摂取で脳が縮む!

…….

萎縮による代表的な自覚症状の一つが記憶力の低下で、急速に進むと認知症にまで進展してしまうこともある。ただでさえ加齢とともに脳は萎縮していくわけだが、「アルコールが加わるとかなり進むと考えられています。同じ年代でお酒を『飲む人』と『飲まない人』の脳をMRI(核磁気共鳴画像法)の画像で比べると、前者の脳は後者に比べ10~20%ほど萎縮していることが多い

…….

「例えば、脳の萎縮が原因の一つとされる認知症、アルツハイマー病は、記憶を司る海馬や、理性をコントロールする前頭葉、言語認識や視聴覚を担う側頭葉前方の萎縮が特有なのに対し、アルコールは脳全体を萎縮させます。最近では飲酒量と脳の萎縮の程度は正の相関にあり、飲酒歴が長い人ほど進行が早いとの研究も発表されています

…….

さらに柿木教授によると、「日常的にアルコールを大量に飲んでいた高齢男性を調査した研究によれば、あまり飲まない男性に比べて認知症の危険性が4.6倍にもなり、うつ病のリスクも3.7倍になったとの報告もある」。


この話は誰でも何となく知っていると思います。まあそれを承知でアルコールを飲むのだと感じますが。
認知症は正に脳の病気です。極度の記憶力の低下ですからね。そしてうつ病も、要は脳が正常に機能しなくなった為に何も考える事が出来なくなるという病気だと思います。

また、コチラの記事も見てみましょう。


Q.精神面や人間関係などの面で、お酒にメリットはあると言えるでしょうか。

湯本さん「お酒の飲み始めで、血中アルコール濃度が0.2~0.4ミリグラム/ミリリットル程度の頃は『爽快期』と呼ばれ、気持ちをリラックスさせたり会話を増やしたりする効果がもたらされます。その点ではメリットと思われますが、これ以上になると抑制が外れ、過度になれなれしくなってトラブルの原因になるほか、ろれつが回らなかったり、まっすぐ歩けなくなったりとデメリットが目立ってきます。また、アルコールによる爽快感は、アルコールの血中濃度が適度に保たれている時にのみ発揮される効果であり、一瞬の産物であるとも言えます。


要は、適量であれば精神的にリラックスさせる効果はあるとの事です。ただし、実際に健康に良いとは一言も書いておりません。これは恐らくほとんどのサイトでも、「アルコールによって気分が良くなる。ストレスを抑える。」という精神的なメリットを上げるだけだと思います。

…これって、正にタバコやマリファナ(大麻)と同じではないでしょうか?そして、タバコや大麻は精神的にも健康にも良くないという認識はあっても、それがアルコールに対しては特に言われないのは、単にアルコールだけは美化されているだけなのではないでしょうか?

では、アルコールを飲む事で、実際に身体にどの様な変化を及ぼすのか、下記記事をご覧下さい(一部抜粋します)。

・酸素はこんなに大事


アルコールと酸素の関係

アルコールと酸素には密接な関係があり、酸素は二日酔いの妙薬ともいわれています。適量の飲酒は身体によいとされていますが、アルコール摂取量が増えるほど、酸素の消費量が増加することになるので、酩酊状態というのは一種の酸素欠乏状態と考えられます。アルコールは体内で分解されて「アセトアルデヒド」などになり、さらに分解されて炭酸ガスと水に変わります。化学反応的にいえば、アルコール1分子を完全に分解するには酸素3分子が必要ということになります。酸素が不足するとアセトアルデヒドが体内に残留し、これが二日酔いの頭痛や吐き気、不快感の原因と考えられています。

酩酊状態に関する研究において、興味深い実験結果が報告されています。「健康な医学生20人に対して、30分間にウイスキー180ccを飲ませたところ、大部分の被験者の血中酸素飽和濃度(血液中にどれだけの酸素が溶け込めるかという量)が低下しました。また、飲酒後に運動負荷を与えると、全員の血中酸素飽和濃度が低下しました。しかし、20分間の酸素吸入を行うことにより、血中酸素飽和濃度の上昇をきたすことが確認されました」。この結果から酸素が低下した機能を回復させることが実証されています。


泥酔が、実は酸素欠乏状態であるとの事です。

人間にとって酸素がどれ程重要なのかは分かりますよね。何も食べなくても1週間以上は生き延びられます。水分も生命を維持するうえで非常に大事ですが、水を飲まなくても、何とか1日であれば死なずに済むでしょう。しかし、

酸素は4分も吸えなければ大抵の人が意識を失い、最悪死にます。

これだけでも、いかに酸素が脳(生命)の維持にとって非常に大切な存在かを実感出来るでしょう。

実際につい最近、飲酒による酸素欠乏状態が原因であるかの様な死亡事故が発生しました。コチラを見て下さい(一部抜粋します)。


大阪市のJR京橋駅近くの繁華街で酔っぱらった男性(33)=豊中市在住=を大阪府警の複数の警官が取り押さえ、パトカーに押し込んだが、男性は車内で意識を失い、病院に運ばれ約1時間後に死亡が確認された。

大阪府警によると10月20日午後10時半ごろ、タクシー運転手から「乗客が絡んでくる」との連絡があり、駆け付けた。男性は警官の説得を受け入れず、周囲の人にも凄んだり怒鳴ったりしていたため、取り押さえて都島署へ連行することにしたという。

しかし目撃者によれば、10人近い警官が取り囲んで腕などを押さえ、一人が首に腕を回して絞め上げたかたちでパトカーに引きずり込んでいたという。男性はパトカー内で意識を失ったため、病院に運んだが午後11時44分に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は必要以上の血液がたまった肺が水腫状態となって酸素が肺に入らなくなり呼吸困難に陥る「肺うっ血死」だった。専門家は「うつぶせにして背中から体重をかけるなど強い力で圧迫すると起きることがある」と指摘する。パトカーで連行する際は通常、後部座席の真ん中に座らせて、両脇から警官2人が座って、両腕を制するかたちをとる。しかし、男性が暴れるため座席にうつぶせにして2人で上から押さえ込んでいたとみられる。


実はこの事件、警察の行動にも大きな問題があるとして注目されている事件なのですが、死亡者は最終的に酸素が肺に入らなくなり、酸欠によって死亡したと思われます。
飲酒によって暴力的になり、かつ酸欠状態に陥っていたのでしょう。ただでさえ呼吸困難な状態なのに、さらに警察の強い拘束によって息が出来ない位に羽交い締めにあった事で死を早めてしまったのではないでしょうか。自分が何をしているか分からない(意識が無い)状態まで酔うという事は、それだけもう脳への酸素の供給が足りていないという事ですが、不幸にもそれが後押しとなって亡くなってしまったのです。

脳に酸素が行き渡らない事がどれだけ恐ろしい事か、Wikipediaの低酸素脳症の説明を見て頂ければと思います(一部抜粋します)。


低酸素脳症

低酸素脳症(ていさんそのうしょう、hypoxic ischemic encephalopathy)は脳の灌流低下や低酸素血症によって脳の全体的な障害がおこる状態である。周産期仮死の他、窒息、心停止、呼吸停止、重篤な不整脈、著明な血圧低下などによって起こる。成人の場合は3 – 5分以内であれば注意力障害、判断力低下、協調運動障害などが出現することがあるが、後遺症を残さず回復することが多い。それ以上の時間低酸素状態に暴露されると、脆弱な部位である内側側頭葉(海馬など)、大脳皮質、淡蒼球、小脳などに持続的な障害を残す場合がある。症状としては意識障害、錐体外路徴候、認知症、小脳失調、ミオクローヌス、コルサコフ症候群、痙攣など多彩な症状が生じる


脳にキチンと酸素が行き渡らない状態が長く続くと、脳に障害が残ってしまう可能性があるという事です。
普段、軽い気持ちで「意識が飛ぶまで飲んでしまった」と笑い話にする人もいるかと思いますが、下手に呼吸困難になり一歩間違えたら、後遺症として一生脳に障害を抱えるかもしれなかったのです。もちろん、確率自体は低いでしょうから、大半の人は翌日には回復していたでしょうが、泥酔状態は思っている以上に危険な状態だったという訳ですね。

…良く良く調べてみると、「急性アルコール中毒」による死亡というのも、酸素欠乏によって死に至るのではと思います。下記の記事の死亡例を見てみれば何となく分かるのではないでしょうか?

・イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2018

今年になっても未だに一気飲みによる死亡事故が発生している事に驚きましたが、アルコールの過剰摂取が呼吸器の機能を低下させ、酸素不足に陥る事で死に至る事例がある事を実感出来ると思います。

ちなみに、このページの死亡事例はすべて大学生ですが、実に悲しい事です。
大学生活時にちょうど20歳を迎える事も重なり、アルコールの摂取が合法となる反動でしょうか?いつの時代でも20歳になってからハメを外す学生がいるのは知っていますが、こんな事で死ぬなんて、悔やんでも悔やみきれませんよね。ましてや、無理やり飲まされたりしての死亡であったなら、亡くなった方のご両親の怒りは絶対に納まりません。

…この様なアルコール摂取への誘導は、正にメディアによる仕込みです。

こんな品の欠片も無い歌を大々的に流行らし、企業もせっせとアルコール飲料のCMをひたすら流し続けるのも、全ては電通という名の悪魔の企みです。
「お酒は20歳になってから」というフレーズも、20歳になったら飲むべきだという飲料水メーカーからの一種の洗脳です。
未成年の芸能人が20歳になる段階で、「これでお酒が飲めますね」とリポーターが振るシーンも良く見られますが、20歳になったら強引にでも「飲酒」という意識を植え付けようとする、これまた洗脳です。
アルコールも実態はタバコや大麻と変わらないのに、アルコールだけは露骨に危険視されていないのも、全ては洗脳です。

その洗脳の結果が「一気飲み」であり「飲酒運転」であり「酒の強要(アルハラ)」であり、アルコールの危険性を熟知していない事で死亡してしまった学生達を物語っています。

それ以前に、アルコール摂取がストレス発散になるという常識がすでに嘘です。逆に、

私達の肉体及び脳を破壊している(ストレスを与えている)

事に早く気付いた方が良いと思います。ストレス発散というのも、単なる幻想だった訳です。アルコールもただの麻薬の一種であり、気持ち良く感じるのも、単に大麻を吸って気分が高揚している事と同じと言えるのではないでしょうか。

なお、アルコールが人類の堕落のツールとして使われている事を知りたい方は、私の下記記事をご覧下さい。

・支配者達の思考と陰謀

…この事実を気付かせてくれたのは、Kawata no Blog 氏の下記記事です。

・「健康になりたいあなたへ」試す価値あり!超カンタン「酸素」吸うだけ健康法。

アルコールの危険性もそうですが、酸素というものがどれだけ重要な要素かを説明してくれています。特に女性にとっては「美」にも関わる内容ですので、是非通読してみては如何でしょうか?

以上です。

一刻も早く、アルコールによって命を落とす人が現れない事を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする