メディアに出る人達の素顔 08(日本企業の社長・会長) その1

テレビ・メディア

前回の記事の続きです。更新期間にムラがあるというか、中々ブログを書けない日々が続いていますがご了承下さい。

メディアに出るシリーズも8回目となりました。
では今回は日本の主な大企業のトップについて書いていきたいと思います。まずは孫正義氏です。

孫正義氏と言えばソフトバンクですね。Wikipediaにて詳細を見てみましょう(記事の一部を抜粋します)。


孫 正義(そん まさよし、1957年8月11日 – )は、日本の実業家である。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長やヤフー取締役、スプリント会長、アーム[要曖昧さ回避]会長、アリババ取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを務める。ソフトバンクグループの筆頭株主である。

出生・幼少期

在日韓国人実業家の二男として佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落に出生。4人兄弟であった。いわゆる通名は「安本正義」。

孫は佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で幼少期を過ごし、差別も経験する。豚や羊と一緒に生活する非常に貧しく不衛生な場所であったが、「今だから言えるが密造酒も家で作っていた」と佐野眞一のインタビューで述べるとともに、父親の三憲が密造酒製造販売と消費者金融・パチンコ業で大成功し、長じてはパチンコ店数十店舗を所有し、高級車を何台も保有するほどの裕福な時期もあったことも明らかにしている。


ソフトバンク創業者であると共に、現在ではヤフー取締役・アリババ取締役・プロ野球の福岡ソフトバンクホークス取締役等、物凄い肩書になっています。もうすっかり超大物実業家の1人となっておりますね。また、名前の通り在日韓国人である事も有名ですが、現在は日本に帰化済みです。
そんな彼ですが、幼少期の頃は非常に貧しい生活をしていたとの事です(コチラより一部抜粋します)。


幼少期の貧乏時代

1957年、孫正義氏は佐賀県鳥栖市で生まれました。線路脇の空き地のトタン屋根のボロ家で過ごした幼少期は、両親が共働きだったために韓国籍の祖母と過ごすことがほとんどでした。わんぱくなガキ大将だった孫氏は、生徒会長を小中学校で務める一方で、在日韓国人3世としての民族差別を受けることも少なくありませんでした。

死に物狂いの高校時代

アメリカ・サンフランシスコの高校2年生に編入した孫正義氏は、ほんの3週間で高校3年分の教科書を読破しました。実は渡米直前に、父が入院してしまったのです。周りからは、留学について強く止められましたが、この先の何十年という人生のことを考えたら行動せずにはいられませんでした。そんな状況だったので、学費を最小限に留め、飛び級するために死に物狂いで勉強したそうです。すぐに大学入学の検定試験の受験を学校に申し出ました。この検定試験のとき、あまりにも問題数が多くて時間が足りないと感じた孫氏は、その試験官に辞書の使用と時間の延長を交渉し、なんとその要求を認めさせ、見事合格します。


孫正義氏のエピソードの1つとしてまず「幼少期での貧困」が話題に挙がる事も多いのですが、はい、いきなり矛盾だらけの内容で困惑すると思います。

まずWikipediaでの幼少期の内容ですが、すでにぶっちゃけ始めたのか、「密造酒も家で作っていた」という父親の過去の犯罪行為を堂々と公で話しています。さらに父親が消費者金融・パチンコ業で大成功と、何処に貧困の要素があるのかという位、裕福な家庭ではないのかと誰もが想像出来るでしょう。

そして高校時代にはアメリカ・サンフランシスコに編入したと書いてありますが、貧困家庭が海外留学出来る余裕なんてある訳がありません。
さらに検定試験のエピソードですが、問題数が多くて時間が足りないという理由を元に試験管に延長を申し出て要求を認めさせるという暴挙に出ております。

はっきり言いますが、そんな不正まがいの事がまかり通る訳無いでしょう。

高校側も、一個人の勝手な要求を飲んでどうするんですか? こんな不平等な試験が公になったら大問題になりますよ。ていうか、これこそ裏口入学としか思えません。

この記事では「見事合格します」と美化してますが、馬鹿なんでしょうか? 「完全にお金かコネで編入を認めてもらったのでは?」と誰もが思いますがね。

その他、彼の経営や言動には色々と疑問や不信感が漂っていた事も明確になっています(コチラより一部抜粋します)。


ソフトバンク孫正義の正体?

……

2000年頃まで日本のインターネット接続料は世界一高くて,ケータイの普及率でも世界の30位くらいに位置していました。ところがソフトバンクが工事費無料月額3000ポッキリでADSLサービスを開始しました。

結果通信各社も安売りを始め、一気に日本の通信事業の閉塞感を突き破りました。まさに日本のインターネットは孫正義が改革したのです。改革は韓国製モデムをタダで配りまくった孫氏の安売り攻勢が日本を変えたことは紛れもない事実です。

しかし彼の来歴の胡散臭さはいろいろ巷間いわれています。ソフトバンクモバイルが開業と同時に契約受付サーバがダウンしたことについて彼は「申し込みが殺到したため」と言っていたが事実は2万件の解約が殺到したためにサーバが落ちていたことが判明しました。

「申し込みが殺到して」と事実と全く正反対のことをぬけぬけと言えることに彼の人格を疑ってしまいます。

それとソフトバンクの携帯は在日朝鮮人は割引にするなど彼の神経を疑います。

それ以外にナスダックジャパンを大証と組んで仕掛け、途中で投げ出し、死にかけの日債銀を買収して売りぬけ、テレビ朝日を買収しかけて途中で投げ出したり、日本テレコムを買収してビジネスユーザーのマーケットを取りに行くなど、胡散臭さが見えてしまいます。

今話題になっている100億円寄付についても被災地の地方自治体にも、日赤にも入金されていないと週刊誌で報道されているそうです。この報道の直後、社内にボランティア基金団体を創設して、そこから被災地に送金すると発表しています。これもおかしなはなしです。


経営者として嘘はいけませんね。また、在日朝鮮人は割引対象にしていた事についても初耳です。これはいずれ詳細を確認する必要がありそうですね。さらに、株式の話についてはあまりにも意味不明な売り買いをしております。何と言うか、完全に株式内部の事情を知っているというか、インサイダー取引まがいの事をやっていたとしか思えないのですが…。

私の昔の知り合いにも、「ソフトバンクだけは嫌い。絶対あそこの商品は買わない」と言い切っていた人がいました。経営者としては有能な方なのかもしれませんが、孫正義氏はあまり信用出来ない人間だという事がお分かりになるかと思います。

続いて紹介するのは、孫泰蔵氏です。

名前や雰囲気から察すると思いますが、孫正義氏の実の弟です。「何で兄弟まで紹介するの?」と思う方もいるかもしれませんが、彼はパズル&ドラゴンズという超有名ゲームアプリを製作した会社「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の初代社長です。兄弟揃って凄い経歴ですね。

逆に言うと、孫正義氏の家庭の貧困エピソードはもう完全に作り話としか思えませんが。

当然の事ながら孫泰蔵氏も在日韓国人です。そして右の写真は彼の奥さんですが、Seia Lee (せいあ・リー)という方です。
実は彼女も在日韓国人であり、過去には明石家さんま氏司会の「恋のから騒ぎ」の1期生として出演していました。下記が当時の映像です。

エメラルドカラーの派手な衣装を着ているのが彼女ですが、「遠山せいあ」という通名を使ってこの番組で相当言いたい放題だったみたいですね。何にせよ、無事に大金持ちの旦那様をゲットし、通名も捨てて海外にて念願のセレブ生活を実現させる事が出来たみたいで何よりです。

続いて、元ライブドアの社長であった堀江貴文氏です。

社長として活躍していた当時の人気及び知名度は凄まじいものがありましたね。企業買収を繰り返しては総資産を増やしていき、「ビル・ゲイツを超えるのでは!?」と思わせる程の勢いが当時はありました。結局はグレーゾーンでの暗躍によって東京地検特捜部から目を付けられた事で逮捕されましたが、今でも数多くの書籍を販売し、メディアでも頻繁にお目に掛かる程のアイドル的人気を獲得しております。
ちなみに、かのライブドア事件の詳細については、RAPT氏の下記記事をご覧下さい。彼自身もヤクザや政財界に振り回され、危険に晒された経緯が分かると思います。

・ライブドア事件はロックフェラーによる天皇つぶしの計画でした。ホリエモン逮捕も口封じのためです。

また、彼もどうやら在日朝鮮人だという噂があります(コチラより一部抜粋します)。


マスコミにはなぜ反日が多いか

テレビ各局には中国スパイ、反日在日朝鮮人などがうようよしているらしいのだ。当然NHKをはじめとした各局では中国や朝鮮半島に対して同情的な番組作りをするはずだ。NHKを筆頭にどの局でも中国や韓国ドラマの増加はそのいい例だ。

歌手やタレントの殆どが在日だということも、テレビ局には特に、中国スパイ、反日が多いかを物語っている。おじちゃんは在日だからといって差別する気は全くないし、反日でなければどんな人も受け入れる了見ではあるけれど、番組作りや企画などに携わったりキャスターやコメンテーターなどには反日は居て欲しくない。

ネットから拾いました
在日有名人
池田大作  在日朝鮮人
創価学会  朝鮮カルト集団
以下在日タレント
久本雅美 在日創価タレント
氷川きよし   〃
長井秀和    〃
ユンソナとうつみ宮土理、日本に居なくていいですから
田中麗奈  在日韓国
上戸彩     〃

在日韓国朝鮮人
井筒和幸 (大阪の在日)
インリン (事あるごとにバカノムヒョンと同じ反日論)
黒田福美 (在日を隠して韓国朝鮮の同胞の肩を持つ)
堀江貴文  (在日朝鮮人 やっぱやることどっか違うね)
中山千夏
山田邦子
藤原紀香 「韓国に行けば必ず元気が貰える」


コチラのリストに記載されている池田大作氏や田中麗奈さん等、何人かは在日である事が確定しております。よって、信憑性は高いと思いますね。
それに、堀江氏の経歴を見ると、何と同級生に孫泰蔵氏がいたというのです(Wikipediaより一部抜粋します)。


経歴

久留米大学附設中学校・高等学校卒業、東京大学文学部中退。中学・高校時代の同級生に、後に衆議院議員となる古賀篤、ソフトバンク社長室長などを務めた三木雄信、ガンホー・オンライン・エンターテイメント創業者の孫泰蔵(孫正義の実弟)がいる。


孫泰蔵氏も在日です。そして、2人共に企業経営者。とても偶然で片付けられない雰囲気がありますね。

またこれは余談ですが、堀江氏は過去にバイセクシャルである事実が暴露されております(コチラより一部抜粋します)。


ホリエモンと大島薫の週刊文春報道

週刊文春の記事によれば、深夜の六本木で、ホリエモン堀江貴文と大島薫が手をつないでホテルに入っていく姿を写真を掲載。

ホリエモンは大島薫ツイッターをフォローしており、「とてもお気に入りの女性?」のようで、現在交際しているというタレントの廣井ゆうも公認の間柄。友達以上、恋人未満の関係だという。

ホリエモンは廣井ゆうとは家族ぐるみの付き合いだが、よく「女は気を使うからめんどくさい」との理由から、大島薫との交友関係がとても落ち着くそうだ。廣井ゆうとは交際は順調?なのか、大島薫と廣井ゆうの3人でベットに入り、「そういったプレイ」もしているようだ。


大島薫という人は女装が趣味の男性タレントであり、元男の娘AV女優との事です。彼自身、バイセクシャルだという事も公言しております。
さらに、2018年ではコチラの記事の通り、「ニューハーフ・女装・男の娘の祭典」を主催しておりました。私の過去記事でLGBTに関する問題を取り上げましたが、堀江氏も日本の性の感覚を滅茶苦茶にする広告塔に成り下がった訳です。大島薫氏との性行為が実際にあった訳ですから、こんな企画を取り上げる以上、堀江氏も自分の性癖を隠すつもりはすでに無いのかもしれませんね。

お次は、前澤友作氏です。

言わずとしれた、ZOZOTOWNの社長で非常に有名な方ですね。そして現在の交際相手もこれまた有名な女優である、剛力彩芽さんです。
実現するかどうかは現在も不明ですが、民間月旅行を計画し、最初に搭乗する客になると予定されております。また、今年に入ってからは、Twitterでのリツイート及びフォローされた方にランダムで100万円をプレゼント(総額1億円)した事でも話題になりました(コチラより一部抜粋します)。


ZOZOTOWN前澤友作氏、RT&フォローで「100万円あげます」 総額1億円かけたお年玉企画で話題に

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が1月5日夜、自身のツイートをリツイートした人の中から100人に100万円をプレゼントする「総額1億円のお年玉」企画を発表した。半日たらずでツイートのリツイート数は100万件を超え、話題になっている。

……

フォロワーが急増、50万人から180万人に

このツイートが投稿されると、半日たらずでリツイート数は100万件を超え、前澤氏のTwitterアカウントのフォロワー数が急増。

5日夜時点で約50万だったフォロワー数は、6日11時時点で「180万」になった。


私はこの企画には全く無関心でした。何故なら、いくらポケットマネーとはいえ、赤の他人にポーンと総額1億円を上げる企業経営者なんて居る訳が無いと思ったからです。経営者とはお金の管理や使い方に対して誰よりもシビアにならないと運営なんてとても無理ですし、例え自分のお金だとしても同じ気持ちになるはずです。なので、我々一般国民は元から対象外なのはすぐに察しました。
事実、この企画には賛否両論があった様です(コチラより一部抜粋します)。


「ユーチューバーが100万円当選」前澤社長に上がった“出来レース?”批判

SNS上では、100万円をゲットしたと思われるアカウントを調べ上げ、当選者の特徴を分析するツワモノも登場。それによれば、【1】100万円でやりたいことを明確に書いている、【2】アカウントネームが実名もしくは芸名、【3】アイコンが本人と思われる写真を使用している──これらをクリアしている人が当選していたという。

「前澤社長の当初のツイートをよく見てみるとわかるのですが、ひと言も“抽選で当選者を選ぶ”とは書いていない。こうしたことから、抽選ではなく吟味した上で当選者を選んだと見られます。しかも、選ばれた人は100万円の明確な使い道を打ち出していた場合が多く、いかにもメディアで取り上げられやすい人物ばかり。そこで当選者が前澤社長への感謝を伝えれば、宣伝効果は抜群ですからね」(テレビ関係者)

……

「すでに当選者には、その後の使い道についてテレビ局の取材が殺到しているそうで、しばらくは前澤社長の話題が続きそうな気配。しかし、人気ユーチューバーを選ぶなど、あからさまなヤリ口に、《選考ならはじめから言え!》といった出来レースじゃないか?という批判が相次いでいるんです」(ネットウオッチャー)


別に前澤氏独自の企画ですから自由に当選者を選別しても構わないとは思いますが、知名度がそこそこある人物、要は昔バラエティ番組にも出演していたとされる「Co.慶応」というユーチューバーを当選させるのは、さすがに露骨過ぎたのではないでしょうか?

また、前澤氏にはすでに3人の子供が存在しており、未婚の妻が2人いるとの事です。

????

どうにも意味不明なので調べてみました(コチラより一部抜粋します)。


座右の銘は一夫多妻!

前澤友作氏は未婚ながらも、事実婚2人、3児の父親だそうです。
結婚しない男と言われる前澤友作氏の座右の銘は「一夫多妻」

「結婚という形に縛られずに、いつも自分の気持ちにありのままに
仕事や恋愛に打ち込めるほうがお互いに幸せ」

「婚姻制度について深く考えることがあって。
愛の形とか突き詰めたくなったんです」という考え方。

子供に関しては、愛情を注いで、
お金もフォローしていれば問題ないと考えているそう。

子供は3人で事実婚は2人!現在どうしているのか?

母親は1人ではなく、2人いるそう。
子供が生まれたからといって結婚はしていないようです。

しかし、父親として認知はしており、
年間数千万という高額な養育費を支払っているそう。


開いた口が塞がらない状況ですが、要は家族への愛はお金で解決出来るという考え方の様ですね。私としては、何人もの女性と性行為をして意図せずに子供が生まれてしまった事に対し、ただ美化している風にしか感じないのですが…。

はっきり言いますが、お金だけで子供を幸せに出来るなんてのは迷信です。「愛情を注いで」なんて軽く言ってますが、前澤氏は大企業の社長です。子供のそばにいられる時間なんてほとんど無いに等しいです。さらに現在は剛力氏と恋仲なんですから、とても家庭を優先出来るとは思えません。
まあ母親は大金さえあれば自由気ままに子育てしたり遊んだり買い物もし放題でしょうから、逆に気が楽なのかもしれませんが、子供は成長していくうえでどう思うのでしょうか? 他人事ではあるのですが、父親が普段おらず、何不自由無く欲しいものが何でも買える環境で育つ子供の行く末がちょっと不安にはなります…。

この様に前澤氏の家庭に対する考え方にはどうにも賛同出来ない部分がありますが、社長である彼の言動についても理解し難い部分が垣間見えます(コチラの2012年の記事より一部抜粋します)。


客に「お前みたいな奴は二度と注文しなくていいわ」 ZOZOTOWN社長暴言ツイートで謝罪

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長、前澤友作氏(36)が、ツイッターでお客に「暴言」を吐いたとして話題になっている。
批判が殺到し前澤氏は謝罪に追い込まれたが、それでもツイッターユーザーの怒りは収まらないようだ。

……

事の発端は、あるツイッターユーザーによる、

「1050円なくせに送料手数料入れたら1750円とかまじ詐欺やろ~ ゾゾタウン」

というツイートだった。
このツイートは前澤氏に返信されたものなどではなく、ただの独り言として投稿されたようだが、前澤氏は「ゾゾタウン」というワードで検索でもしたのか、これを見つけたらしい。

2012年10月20日のツイートで、

「詐欺??ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人がわざわざ運んでくれてんだよ。お前みたいな感謝のない奴は二度と注文しなくていいわ」

とそのユーザーに突っかかった。

etc…

これはZOZOユーザーと前澤氏の間で過去に発生したトラブルです。
正直なところ、前澤氏のツイート内容自体は理解出来ます。ネット通販は正に宅配会社のおかげで成り立っている様なものですし、直接店舗に行かなくても購入者の元に商品が届く事に対し、宅配会社には常に感謝しなければいけません。

しかし、この件に対して前澤氏は「プライベートアカウントで発したツイートだし、社長ではなく一個人としての言葉だ」と自らをフォローしたらしいですが、プライベート関係無く社長である以上、公の場でこの様な発言をする事に相応のリスクがある事を十分に理解すべきではないでしょうか? ユーザー側としても突然ZOZOの代表からこの様なツイートが来たらびっくりすると同時に、当然怒りも覚えるでしょう。
…大企業にもなれば一部では不満に思うユーザーが出てきてしまうのも、ある意味致し方ないところです。ですが、たまたまユーザーの1人が不満をツイートした事に対して、社長自ら感情むき出しになって怒りのツイートをした事には、お世辞にも褒められるものではありません。

また、これは大きな問題ですが、前澤氏の下記ツイートを見て下さい。

「この『万教同根世界平和橋』という石碑は何だ?」、「ここは何処?」と思うかもしれませんが、ここはカルト宗教である生長の家・森の中のオフィスの敷地内です。

「いや、別にただの観光でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、それはおかしな話です。

信者でもない人が、宗教団体の施設に観光なんてしますか?

よって、前澤氏はどう考えても生長の家の信者、もしくは生長の家関連の団体や人物と繋がりがあるという事です。その事実を理解したうえで、Kawata no Blog 氏の下記記事をぜひご覧下さい。尊敬する人物や日本赤十字社との関係、そして安倍首相とのツーショット等、完全に生長の家との繋がりが垣間見えますので。

・「ZOZOTOWN・前澤友作」は、「天皇家・生長の家」と、ズブズブの関係です。

※最近はZOZOTOWNへの出店取り止め企業が続出し(ZOZO離れ)、プライベートブランド事業も振るわず、完全に業績が悪化しているらしいです。生長の家との交流が企業のイメージダウンに繋がってもおかしくありませんよ…。前澤氏も、早く目を覚まして貰いたいものです。

またこれは余談ですが、交際中である剛力彩芽さんは創価学会員です(コチラより一部抜粋します)。


創価学会をインターネットで検索すると、創価学会が自身で運営している宣伝サイト以外は、ほぼすべて創価学会を非難する内容のサイトがずらりと検索結果に表示されます。この悪評に対して、当の創価学会は、信者にネットを見ないように指示して、信者が脱会するのを防ごうとしているそうです。
(2016/01/24)

ちなみに、マスコミに対しては、そのまま「マスコミのデマを信じるな」と教えているそうです。在日勢力でマスコミを支配して創価学会や電通の批判はほぼ不可能に近い状態を作り出しているわりには弱気な方針をとっているようにみえます。創価批判以外の部分も、創価学会は信者に、マスコミが伝えるような常識的なものとは違うことを教えているということが予想されます。(2016/02/10)

以前、剛力彩芽さんという創価タレントが日本中から非難をあびたときもネット閲覧禁止令が所属事務所から彼女へ対して通達されていたこと話題となったことがあり、ある程度有名な話となっています。現在は、川口春菜さんという、こちらも創価タレントとみられている女優さんが、低視聴率女王の名をほしいままにしているようですが、彼女にも同じくネット閲覧禁止令がでています。2015年の低視聴率女王の記事では、川口春菜さん、武井咲さん、剛力彩芽さんの3人の創価タレントが上位を独占していました。(2016/01/24, 2016/02/10)


実際に、コチラの創価学会員の方のブログにて剛力氏が大好きとコメントしていますが、この方がブログで取り上げている芸能人はほぼ全員創価学会員でした。実際にお目に掛かった事もあるのでしょうか? やはり同じ学会員所属のタレントを応援するのは自然な気持ちだと思います。

剛力氏は結婚願望が強いとの見解ですが、当の前澤氏は「一夫多妻制」を拘っている以上、結婚出来るかどうかも怪しいです。どちらもカルト宗教絡みですので政略結婚の匂いがプンプンしますが、一体どういった結末になるんでしょうかね…。

続いて、ソフトバンクと同様、海外に進出している企業であるロッテの創業者についても取り上げましょう。

この方がロッテの創業者である重光武雄(しげみつ たけお)氏です。「…随分高齢の人物に見える」と思うかもしれませんが、事実、重光氏はすでに90歳を過ぎた方です。(コチラの2017年8月の記事より一部抜粋します)。


幕を閉じた重光武雄時代…日韓ロッテ系列会社の役員職から退任「今後は名誉会長に」

ロッテグループの重光武雄(辛格浩、シン・ギョクホ/94)総括会長が日韓系列会社の中で最後の登記役員職を維持していたロッテアルミニウムの理事からも退く。

去る9日、ロッテグループによると、ロッテアルミニウムはこの日満了した武雄会長の任期を延ばさないことに決定した。1966年ロッテアルミニウムの前身である東方アルミ工業を設立して以後、51年ぶりのことだ。

これにより、ロッテグループの創業者である武雄会長は韓国内90の系列会社ほか、日本など海外の系列会社のすべての役員職から退いたこととなる。


要は、ロッテグループ創業時から近年に至るまで、現役で社長及び会長として運営していた訳です。凄い事ですね。
まあ創業者とはいえ、大企業にて1人の人間が長年運営に関わる事が良いのか悪いのかは一概に言えませんが、その精神力やパワーについては評価に値するかと思います。

さて、上記記事からも分かる通り、重光氏は在日韓国人であります。そして、日本でロッテの企業を立ち上げた後、海外にも積極的に展開するのですが、特に重光氏の出身地である韓国においては積極的な投資を行ない、実質韓国の企業として認識する方も多いのではと言える程、韓国にて巨大な企業に発展しました。
しかし、これによって数年程前から「ロッテお家騒動」として世間を騒がせてきた過去があります(コチラの2015年8月の記事より一部抜粋します)。


ロッテは日本企業か韓国企業か 長男の日本語に韓国内で反発「国籍は韓国だが精神は日本人」

【ソウル=藤本欣也】日韓を中心に、幅広い経済活動を展開するロッテの経営権をめぐって創業者一族が対立する中、韓国で「ロッテは日本企業なのか、韓国企業なのか」とアイデンティティーを問う声が上がっている。日本にこだわる韓国国民の複雑な感情を騒動が浮き彫りにした形だ。

「ロッテは日本の企業ですか?」。ソウルで3日、韓国人記者の質問に、創業者、重光武雄氏(92)側と対立する次男、昭夫氏(60)は答えた。

「韓国企業だ。95%の売り上げがわが国(韓国)で生まれている-」

ロッテは在日韓国人1世の武雄氏が1948年に東京で創業。67年に韓国に進出した。現在、昭夫氏は日本のロッテホールディングス(HD)の副会長とともに、韓国ロッテグループの会長を務めている。

韓国ロッテは製菓、観光、流通などを手がける同国5位の財閥で、日本ロッテの10倍以上を稼ぐ。韓国国民の生活に欠かせない存在だ。しかしその韓国ロッテを、事実上の持ち株会社として支配するのが日本のロッテHDであることが今回、韓国で知れ渡った。

– – – 下記は2ページ目 – – –

さらに武雄氏の長男で、昭夫氏と対立する宏之氏(61)=ロッテHD前副会長=が、韓国メディアの取材に日本語で答えたことに一部の韓国国民が反発した。「国籍は韓国だが精神は日本人」「ロッテは日本企業だったのか」などとネットに書き込まれた。


確かに日本でもお菓子メーカーやプロ野球団(千葉ロッテマリーンズ)を運営していますが、韓国での業績や規模は日本の比ではありません。とはいえ、個人的には別に「どちらの国に支配権があるのか?」なんて一切気にしませんが…。すでに世界中のブランドを吟味して買える世の中になった以上、多くの日本国民も、企業の国籍自体にはあまり興味は無いと感じます。

それよりも、どう考えても一族における権力争いでしょうし、実は未だにドロドロの闘争が続いています(コチラの2018年2月の記事より一部抜粋します)。


ロッテ会長に韓国で実刑判決、経営権争いの再燃は必至

韓国ロッテグループの重光昭夫会長が朴槿恵韓国前大統領側への贈賄罪で実刑判決を受けた。ロッテの経営に大きな風穴が開くとともに、機をうかがっていた兄の宏之氏との間で経営権を巡る争いが再燃しそうだ。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山本輝)


1〜2年の争いではなく、ざっと5年以上は続いているでしょうか? コチラでも、「韓国ロッテの不祥事記事まとめ」というタイトルで日韓を股にかけた争いのニュースが取り上げられてしまう程の酷い有様です。
いや、実際はもっとずさんで深刻でしょうか、ロッテ関係者の自殺もあったとの事です。洒落になりませんね。
この詳細については下記記事にて確認出来ます。非常に生々しい内容ですが、現役社員の方達も大変です…。

・ロッテのずさんな内情を暴露、覆面座談会2不安と怒り大爆発!

2014年に起こった「大韓航空ナッツ・リターン事件」しかり、日本でも大塚家具によるお家騒動は記憶に新しいと思います。こんな事は世界中で起こっていると言われてしまえばそれまでかもしれませんが、近年は権力争いが絶えないと思うのは自分だけでしょうか? 韓国国民も、大韓航空や韓国ロッテの有様にはほとほとウンザリしてるのではないかと感じますね(汗)。

まだまだ記事が長くなりそうなので、続きは次回に書いていきます。

コメント