イルミナティ(李家)一族と思われる人達 01

イルミナティ

前回の記事にて、イルミナティというものが本当に存在している事、そしてイルミナティ13血流の1つである李家が現代の日本を支配している事を説明しました。

これに対して、未だに信じ難い人もいるかと思いますので、私なりに納得出来る内容を持って解説していきたいと思います。

前回の記事の最後に、コチラの記事を取り上げました(今度は記事の全文を抜粋します)。


イルミナティと李一族

華僑最大の財閥に香港を拠点とする李財閥が在る。
スプリングマイヤーによる「ロスチャイルド悪魔の13血流」のひとつに数えられている
一族に、李家があるが、この一族は中国のみならずアジア全域の華僑を支配すると言われる。
この著書の中で興味深い一文がある。

「ロスチャイルドとロックフェラー家は、世界民族の中で、特に中国人と日本人には
敬意を表している。これは日本や中国が新世界秩序において重要な役割を任される
機会を得た理由の一つである。」

香港の李一族とは長江実業の総帥である李嘉誠を筆頭に、長男のビクター、次男のリチャードが
率いる同族会社で香港の経済界を牛耳っており、李嘉誠はフォーブスの長者番付けでは11位。
不動産開発・通信事業・投資ビジネスなど世界56ヶ国で18万人の従業員を抱えるグローバルな
一族です。この富豪が英国ロスチャイルドと深い関係であれば黒い噂も出てきます。

香港は元イギリス植民地であり、中国返還は1997年で中国に主権が委譲され、香港は特別行政区
となった。この李一族が中国の黒社会の代表格である三合会を裏で仕切っていると噂される。

中国の麻薬市場を支配する三合会がフリーメーソン及びイルミナティと連携しているとなれば、
中国における三合会の意味も何となく想像はできる。中国の秘密結社の一つである五祖結社は
メーソンと教義が似ているそうであるが、メーソン高位の孫文と関わった秘密結社と一貫道は
関係がない。結成当初はともかく、三合会初め中国の秘密結社は麻薬・ギャンブル・売春・恐喝
・暗殺・偽ブランド品製造など、およそ血の絆以外に聖なる部分はない。
ゆえに中国からコピー商品が無くなる事もない。

世界の大富豪と黒社会つまり表と裏の癒着であり、イルミナティと戦争ビジネスという相補関係
そのまんまです。著者は「三合会はイルミナティとその三百人委員会を構成する組織を除けば
世界で最も強力な犯罪組織である」と断言してます。
三合会もイルミナティの承認を得なければ商売はできないと述べる。

このネットワークに香港の東亜銀行(BAE)を経営する李国宝、中国の元首相李鵬、台湾の李登輝、
シンガポールの初代首相リー・クワンユー(李光耀)が絡んでおり同族であると噂されるが、
香港の李一族と中国の李一族との繋がりは推測の域を出ておらず、証明されたワケではありません。
李国宝(デイビッド・リーは)は英国のパスポートを持ち、国際商業信用銀行(途上国向けに融資)
スキャンダル(発展途上国向けは表の顔で裏では武器密輸、麻薬取引、CIAの関与等)で、香港支店
のイルミナティメンバーを裏で逃したという話もある。

李鵬は天安門弾圧の首謀者で、学生が戦車に轢き殺される光景を平然と見つめていた男であり、 かって「日本など後20年すればなくなる」と発言した人物である。

台湾の李登輝はご存知親日であり、最近も「尖閣諸島は日本の領土である」と発言した。
天安門事件で中国の対応を肯定したシンガポールのリー・クワンユーは初代首相であり独裁者。
ケンブリッジ出の弁護士であり、シンガポールは人民行動党の一党独裁であり、現在の首相は
息子の李顯龍(リー・シェンロン)である。

鄧小平による改革開放政策は、中国共産党幹部の利権独占と言うピラミッド型社会を作って
しまった。思想もカネも自分たちが独占してしまおうという、およそ共産主義とはかけ離れた
モノで、一党独裁は経済覇権のピラミッド型中国の監視の目としての役割のみである。


ここで名前が上がっている人物達が李家一族(イルミナティ)の一部であると思われますが、人によっては「李家というのが確かに存在するのは分かったけど、日本の旧皇族の『李家』とは名前が一緒なだけで、別一族ではないのか?」と疑問に思うかもしれません。というか、イルミナティの存在を認めたくない、隠したい人達にとってはそう言い訳するしか無いと感じます。

それに対して証明するに当たり、まずはイルミナティの特徴、及び繁栄してきた経緯を調べる必要がありますね。ここで、RAPT氏の下記記事をご覧下さい(記事の一部抜粋します)。

・イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。


13家族の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流である。

この13家族がイルミナティの頂点に君臨している。さらに13家族に従属する形で、影の世界政府が存在しており、影の世界政府は、行政、司法、立法に分類できるという。

(影の世界政府)
行政部門:13人評議会(新世界秩序を指揮)
司法部門:サンヘドリン(古代ユダヤ最高会議、70名が在籍)
立法部門:300人委員会(13人評議会のすぐ下に位置、13人評議会を助ける機関)

これら3部門の下に、ビルダーバーグ会議、円卓会議、王立国際問題研究所、ローマクラブ、外交問題評議会、三極委員会といった数々の国際機関が存在している。

次にイルミナティ13血流に関して、『イルミナティ悪魔の13血流』から転載する。

……

(李家)
億万長者で香港を仕切る李嘉誠、中国前首相の李鵬、元首相の李先念、シンガポール元首相の李光耀など。李一族はイルミナティと密接な連携のもと、世界最強の犯罪同盟である秘密結社「三合会」を従え、新世界秩序構築に貢献している。孫文や毛沢東の中国革命や共産中国経営も、権力中枢部に巣食う李一族の協力なしではありえなかった。ちなみに李家は日本の最大の敵として位置づけられる家族である。

……

(ロックフェラー家)
初代石油王ジョン・D・ロックフェラー1世により、瞬く間に財を成したアメリカ・ドリームを体現した一族。現当主のデビット・ロックフェラーは、アメリカの影の政府といわれる「CFR」のトップに君臨している。また、多数の名家がロックフェラーと手を組んでおり、ロックフェラーに仕えることで富を得ている。その中には、ジョン・D・アーチボルト、ハークネス家、ベッドフォード家、チーズブロー家、カトラー家、フラグラー家、フォルジャー家、ペイン家、ピアス家、ロジャース家などがある。ところで、ロックフェラー家の中からは多数の上院議員も輩出している。特に有名なのが元副大統領のネルソン・ロックフェラーである。

(ロスチャイルド家)
イルミナティの中でも最強の一族。「世界の富を半分支配している」「ユダヤの王」など、いろいろな噂が飛び交っている。ロスチャイルド財閥の傘下には、シフ家、オッペンハイマー家、モルガン家など巨大財閥がいる。政治、経済、マスコミとあらゆる分野を牛耳るユダヤ巨大財閥。

(補足) スプリングマイヤーはイルミナティ13血流に関して興味深いことを述べている。

「13血流のならわしとして、重要な子は派手な祝いなどせず、秘密裏に目立たぬように産み落とされて、別の家へ養子に出される。こうしてその子は別の姓を名乗り、血流を隠す。

他方、オカルト儀式では実の親が進み出る。例えば、闇のマザーになろうとする娘を実の父親が孕ませなければならない。

彼女の最初の子は実の父親の子でなければならず、彼女自身の手で、その子を悪魔の生贄として捧げなければならないのである。

イルミナティの子は、その多くが養子に出される(事実、合衆国のクリントン大統領もそうである)。

イルミナティの系図をたどろうとすることほど難しいことはない。

つまり私が何をいいたいかというと、さまざまな理由により、多くの人物が私のあげてきた上位十二姓(および私がイルミナティ13血流としてあげたいくつもの姓)とは違う姓を持ってはいるが、彼らもまたイルミナティ13血流に属している、ということなのである。


あまりにも衝撃的な内容です。特に「李家」の項目を見て下さい。

昨今の安倍政権(イルミナティ)の政策の実態、貧富の差の拡大、そして人工地震や気象操作によって多くの国民が犠牲や被害に遭っている事実を目の当たりにすれば、まさしく私達日本国民の最大の敵である事が瞬時に理解出来るはずです。

だからこそ、私はひたすら李家(イルミナティ)の滅びを祈っています。

また、「悪魔の生贄として捧げる」という事は、要は自分が産んだ子供をすぐさま殺すという意味です。
儀式の為に実の子供を殺すんですよ!? もう異常を通り越して、完全に狂っています。こうやって生贄を差し出す事で絶対に拭えない絶望感を脳裏に植え付け、人を殺す事を何とも思わない人格に育て上げるのでしょうか? 死んでもこんな家系に生まれたくありません。

そして、イルミナティの子孫繁栄について重要な事が綴られておりますが、イルミナティの子の多くは養子に出されて苗字も全く別となるという事です。イルミナティの系図をたどる事が困難である理由が、この本名・出生隠しの様ですね。恐らくこの策略によって暗躍してきたのだと思います。
また、コチラの記事もご覧下さい(一部抜粋します)。


イルミナティの最上層は…?

……

…「彼ら」は、血統を極めて重視する。日本人の感覚では理解しがたいくらいである。何故、そこまで血にこだわるのか?一族内部での結婚、同族間の結婚を何世代、何百年いや何千年も繰り返してきた。ロスチャイルド家の初代が一族内の結婚を呼び掛けた話は有名である。

サヴォイア家、ヘッセン家、ヴェルフ家、タキシス家、シェルバーン家云々といっても、三重・四重に何世代にもわたり姻戚関係を結んできた。これは視点を変えれば、「彼ら」以外の人間の血が混じるのを拒否してきた、とみることが出来るだろう。

……


イルミナティの各一族は、自らを大変すぐれた一族だと勘違いしているからこそ、血統というものに執拗に拘るのでしょう。そして、せっかく自ら得た権力やお金を赤の他人に渡す気はさらさら無いという事なんでしょうね。上記の説明を言い換えれば、財産や権威を維持する為に同族結婚やいとこ同士の結婚、挙句のはてに近親相姦まで平然と行なう人間だという訳です。かと言って一族のルーツを下手に探られたくない、一族による露骨な権力の維持を見せる事で反乱分子を増やしたくないが故に、養子縁組等も当たり前の様にしてきたのでしょう。

…ですが、前回の記事で書いた通り、「遺伝」というものは嘘を付かないのです。安倍首相の父親である安倍晋太郎氏と、李 方子(り まさこ)の顔を見れば明らかです。
それが何を意味するのか? そうですね。

例え苗字が違っていても、国籍が違っていても、多くの富(財産)や権力を得ている人達同士、やたらと顔が似ているという事態に陥るという事です。

ではこれらを踏まえて、旧皇族と思われる人達を見てみましょう。
まずは前回の記事でも話題に上がった李 方子についてです。

李 方子
横田 早紀江さん

横田早紀江さんと李 方子が似過ぎというかそっくりとしか言えない事については、すでに多くの方がご存知だと思います。この事実を知るきっかけとなったのはRAPT氏の下記記事です。

・北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

「いや、たまたまでしょう?」と反論する人もいるかもしれませんが、現に拉致被害者(?)の方達は毎年日本政府から結構な額の給付金を貰っている事をご存知でしょうか? 下記Twitterをご覧下さい。

もしこれが単なる茶番劇だとしたら、たかだか何回か「拉致被害者の会」を開いて公演するだけで、毎年政府という名の国民の税金から1家族当たり3000万円以上の給付金が手に入る訳です。単純に考えると何ともおいしい話ですね。
それで、未だにこの拉致問題は解決する空気すら見せず、過去何十年にも渡って給付金を貰っています。よって、すでに何十億円と資産を得ているんですよ。何度も言いますが、もしこの拉致被害者の訴えが演技であったなら国家総出の詐欺行為に等しいのです。そしてそれは完全に茶番でした。詳細については、Kawata no Blog氏の下記記事をご覧下さい。

・【北朝鮮拉致問題は嘘だった!!】横田早紀江と拉致被害者家族のドス黒い闇。

イルミナティが一族の権威を存続する為、国民の税金(財産)を強奪しては独り占めする為の悪行の一部が早くも垣間見える事となりました。本当に有り得ません。

…この事実に対し、「横田早紀江さんがそんな詐欺を平然と行なうなんて思えない。そんな悪どい事をする人柄に見えない!」と疑問に感じる方はいるでしょう。
ですが考えてみて下さい。詐欺師がわざわざ「詐欺師」だとバレる様な軽率な行動を取ると思いますか? 悪質な詐欺師は詐欺だとバレない様に巧妙に働く事を忘れてはいませんか? 詐欺の被害に会ってしまったのは、詐欺師だと思わなかったからではないですか? 
そうです。だから、横田早紀江さんがそんな詐欺を働いているとは思えないと感じてしまう事自体、彼女が極悪な詐欺師であると同時に、見事に騙されているのです。しかし、どんなにシラを切ろうが、やはり遺伝や生い立ち、そしてあらゆる矛盾は隠せなかったという事です。

ちなみに、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)という組織も存在し、その会長を努めているのが西岡 力(つとむ)氏という方なのですが、この人も李 方子と比べてみましょう。

李 方子
西岡 力氏

骨格もそうなんですが、特徴的な眉毛なんて見事にそっくりな以上、李 方子の子孫である可能性は非常に高いです。こんな人が拉致被害者を救う会の会長なんですから、正に一族総出で詐欺行為を働いているとしか思えないのですが。
拉致被害者の真実を知り、イルミナティのしきたりを知ったうえで、これでも「たまたま似てるだけ」で済むと言えますか?

さらに李 方子の他の写真を改めて見ると、今度はある人物が即座に思い浮かびました。元トヨタの社長であり、かつての小泉政権で暗躍した奥田 碩(ひろし)氏です。

李 方子
奥田 碩氏
李 方子
奥田 碩氏

見事にそっくりです。
「いや、だからたまたまでしょう!?」と思う人はいるかもしれません。確かに日本中探せば似てる人はそれなりにいるかもしれませんね。
しかし彼はかつての巨大企業であるトヨタ自動車の社長でした。しかも、小泉政権時代に経団連会長として政策に関わり、トヨタに有利な制度を作り上げた程の権力を持っていた人物です。要は明らかに支配者層だという事です。そんな人が何でこれまた旧皇族であった李 方子とそっくりなんでしょうか? 偶然で済む話ではないと思います。

次は実際に李家当主であった李 垠(り ぎん)と、ある有名芸能人を見比べてみましょう。

落語会では誰もが知ってる程の有名人である、桂 文珍氏(かつら ぶんちん)氏ですね。李 垠の顔を見た時、「何か桂文珍さんに似ているな」と思いました。

「芸能界は関係無いでしょう! 暴論だ!」とイチャモンを付ける人はいるかもしれませんね。
しかし考えてもみて下さい。彼は超大御所の落語家であり、落語界ではトップクラスの知名度を持った人物です。そして、彼は完全に富豪と呼べる程の財産を持った1人です。コチラの記事をご覧下さい(一部抜粋します)。


桂文珍 自家用飛行機操縦士!セスナ機も買える年収は?現代落語の独演会、評価と評判は?ドラマ「煙霞」の役

桂文珍 自家用飛行機操縦士!セスナ機も買える年収は?

桂文珍は自家用飛行機を飛ばす芸能人!

幼いころはパイロットにあこがれていたという落語家の桂文珍。なんと桂文珍は、自家用操縦士の技能証明と計器飛行証明を取得しており、飛行機の操縦資格を持っているといいます。

その上、62機しか生産されず、日本に1機しか存在しない小型自家用飛行機(いわゆるセスナ)を所有。桂文珍が所有し桂文珍本人が操縦するセスナで公演先まで遠方飛行することもたびたびあるようです。

飛行機愛好家のブログなどにもたびたび登場する桂文珍は「きさくで嫌な顔一つせずに記念撮影に付き合ってくれる」など、大変良い人なのだとか。2003年の能登空港開港の際には、先述の桂文珍の自家用飛行機(ジャイロフルーク スピード・カーナード)が第一号到着機となりました。

桂文珍 セスナ機が買えるほどの年収とは!?

所属する吉本興業の中でわずかに10人ほどしかいないという「年収が億を超えるタレント」の一人だとされている桂文珍。桂文珍の年収は公表されてはいませんが、リーマン・ショック後の株安、円高時にGM社の高級外車とセスナ社製の新しい飛行機も買い足したと公言していることからも、桂文珍の年収の高さをうかがい知ることができます。

その他にも高級外車を所有しているという情報もありますから、桂文珍の年収が高いのは間違いでしょう。ワイドショーの司会を長年務め、大学教授の経験もある桂文珍。落語家としてだけではなく文化人枠としての需要も高い桂文珍の出演料は講演会が130~160万円、舞台は一回につき12万円、営業は弟子たちの分も含めて200万円ほどだと噂されています。


どうでしょうか? セスナ機を購入してしまう辺りが正に富豪そのものですね。一般庶民とは次元が違うのです。食べていくのが非常に厳しいと言われている落語界にてトップレベルの知名度を誇り、吉本興業の中でもトップの年収だとの事。そんな一握りとされる人物が、これまた何で李家(支配者層)である李 垠と似ているのでしょうか?

しかも、文珍氏が所属する桂文枝(かつら ぶんし)一門の定紋(紋章)が下記となります。

「これが一体、何?」と誰もが思うでしょうが、これについてはRAPT氏の下記記事にて、「トリケトラ」という、古代ケルトのドルイド教(要は古代の悪魔崇拝組織)のマークとそっくりだという事が理解出来るかと思います。

・島津家と毛利家が日本を支配していることの本当の意味。またはハロウィンが「国常立尊」を召喚するお祭りである可能性について。

ケルトとは名の通り、ケルト神話でも有名な古代ローマ地域の民族です。そのマークと桂文枝一門の定紋がそっくりなんですよ? 実に不思議ですね? この時点で、桂文枝一門が古代から存在していた悪魔教(要は古代のイルミナティ)と深く繋がっているのが理解出来ると思います。
よって、文珍氏は正に李家(イルミナティ)の一族そのものではと思うのです。これには驚きですね。

こうなると、色々と思い当たる節がある人物が次々と現れる事に気付かされると思います。
前回の記事でも話題に挙げましたが、改めて安倍首相の父親であった安倍晋太郎氏と秋元康氏の写真が下記となります。

安倍晋太郎氏
秋元康氏

本当に似過ぎですね。明らかに親族、もしくは親戚としか思えません。そして秋元氏はご存知の通り、有名アイドルグループの「おにゃん子クラブ」や「AKBグループ」の発足者であり作詞家であり音楽プロデューサーであったりと、完全に富豪であり大きな権力を持った1人な訳です。過去のAKBの記事にて秋元氏を「イルミナティの一員」であると書きましたが、実はこの時は正直漠然とした括りでそう伝えていました。
しかしこの事実を知ったとなると、彼は本当に李家(イルミナティ)の一族であると言えるのではないでしょうか。

また、安倍晋太郎氏の下記写真を見る限り、どう見ても徳光和夫氏とそっくりだともすぐに感じました。

安倍晋太郎氏
徳光和夫氏

口元や眉毛に骨格、本当に似過ぎです(汗)。

「いい加減にしろよ! 似てるからって何でもかんでも決めつけるな!!」と反論し続ける人もいるかもしれませんね。
しかし、現に彼は24時間テレビという有名番組等に常に起用されておりますし、国民の誰もが知る程の有名人です。それと共に、彼の競馬や競艇への浪費癖も一部では有名になっております(下記が参考記事です)。

・徳光和夫は外れ馬券だけで10億円!?競馬への情熱と予想法を紹介

・徳光和夫が競艇に10億円をつぎ込んだ結果

タイトルの通り、注ぎ込む額が異常とも言えますが、裏を返せば億単位もの金額を娯楽で使えるだけの収入を得ている、完全なる大金持ちの1人でもあるのです。そんなごく限られた人物が何でこうも李家一族の人間にそっくりなのでしょうか?

…李 方子と比較しただけでもこれだけの似過ぎる著名人が出てきました。次回は旧皇族の人達をさらに取り上げていきたいと思います。

コメント